日傘男子誕生

夏の出張で,炎天下を歩かなければならなくて辟易していたら,同行していた同僚がすっと日傘をさし,「一緒に入りますか」と言ってきた。それが女性だったら「あ,そう」などと言ってにやけ顔がバレないように好意に甘えるところだが,さすがに暑さの中で男同士の相合い傘はむさ苦しい。

僕は即答で断ったのだが,それにしても,容赦ない夏の太陽だ。やせ我慢をして日射に無防備で歩きながら,実は僕は日傘をさす同僚が羨ましくて仕方がなかったのだ。

おそらく多くの人は日傘といえば女性を思い浮かべることだろう。着物を着た楚々とした女性が片手に中元を抱え,日傘をさして小股で歩いていく風景というのは(実際にはそんな風景を見たことはないけれど)日本の夏の風物詩だ。

また,モネの絵を思い浮かべる人も多いだろう。モネは日傘を持つ女性の絵を何枚も描いている。中でも「散歩,日傘をさす女」が有名だ。晴れた空の下,白いドレスを着た女性が草原に立ち,土手の上からこちらを眺めている。彼女は白い日傘をさしているが,その裏側には草原の緑が反射している。傍らには帽子をかぶった子供の姿だ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 神秘なるプリズム 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 遥かなる地平線 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 内視鏡こわい 月谷昌之介 2020年07月02日
  • いまさら枯れ草色 月谷昌之介 2020年07月02日
  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日