雨は何色?

晴耕雨読という言葉がある。晴れた日には畑を耕し,雨が降る日はじっくりと読書をするということだが,その本意は,世俗から離れて悠々と暮らすことである。勤めをしていると,なかなかそういうわけにはいかない。

せめて休日くらいは悠々自適と行きたいところだが,晴れれば翌日に疲れが残るほどあくせくと遊んでしまう。雨が降ったら降ったで,外に遊びに行けないことを恨みつつ,仕方が無しに読書でもするかということになるのだけれど,ついついいろいろなことが気になって集中できない。

先日,雨の休日に本を読んでいたのだけれども,雨音を聞いていたら,ふと「雨の色って何色なんだろう」という疑問が頭に浮かんできて,僕は本を置いて,いろいろと考え出してしまった。子供の頃,雨の絵を描いただろうか。描いたとしたらそれは何色だっただろうか。巷で見られる雨のイラストでは,雨は水色だったり黒だったり白だったり,特に色が決まっているわけではない。

そういえば昔流行った歌には「水色の雨」とか「銀の雨」なんていうのがあった。どれもみな正しいような気がするけれども,それらはあくまでもイメージである。実際のところ,雨って何色なのだろうか。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 摩周湖は今日も晴れだった 月谷昌之介 2019年12月26日
  • 日傘男子誕生 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 眼医者迷医者 月谷昌之介 2019年09月20日
  • 続・光速半分 月谷昌之介 2019年08月19日
  • 光速半分 月谷昌之介 2019年07月09日
  • 信号機の威厳
    信号機の威厳 月谷昌之介 2019年05月17日