音に色?

世の中には音を聞くと色が見える人がいるらしい。例えば,ドの音で赤が見え,レの音で緑が見える,などというものだ。それも,「なんだか色を感じる」なんていうものではなく,本当に色が見えるのだという。

これは共感覚と呼ばれているもので,音だけではなく,例えば特定の文字に対応した色が見えたりとか,においを感じると色が見えるとか,様々な例が報告されている。芸術家には共感覚を持つ人が多いらしい。

僕も少しは芸術家の才能がないものかと,目をつぶって愛用のウクレレの弦を弾いてみるのだが,ちっとも色は見えてこない。残念ながら僕には天才の感覚は備わっていないらしい。もっとも,大方の人は共感覚など持っている事はなく,音で色が見える人は希少なのだろう。

それにも関わらず,「ヨーヨーマのチェロの音色は素晴らしい」とか,「フジ子・ヘミングのピアノの音色は最高」とか,「音色」という言葉を普通に使っているのだ。色が見える訳でもないのに「音色」って何なんだろうと,今更ながら考えてしまうのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 神秘なるプリズム 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 遥かなる地平線 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 内視鏡こわい 月谷昌之介 2020年07月02日
  • いまさら枯れ草色 月谷昌之介 2020年07月02日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日