神秘なるプリズム

 
子供の頃,友達のお兄さんがプリズムというものを持ってきて,僕たちに見せてくれた。僕には,それはガラスの塊をえいやと叩きつけて割れ落ちた,ただのかけらのように見えた。

しかし,そのかけらの中を覗いてみると,見えるはずのない予想外の角度の景色が少し虹色に滲んで広がっていた。その景色がなんであったか,今では覚えてはいないが,ガラスのかけらの中に異次元の世界が広がっているように感じたその時の不思議な感覚は忘れない。

それ以来,プリズムは僕にとって気になる存在になった。でも,虫眼鏡のように手軽に手に入るものでもない。その時の驚きと,少し遠い存在ということで,僕の中でプリズムは神秘を帯びたものとなっていた。

プリズムといえば,ニュートンの太陽光の分光実験を思い浮かべる人は多いだろう。

 
   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 写真 ─ 真を写す? ─ 月谷昌之介 2020年08月03日
  • 遥かなる地平線 月谷昌之介 2020年07月07日
  • 内視鏡こわい 月谷昌之介 2020年07月02日
  • いまさら枯れ草色 月谷昌之介 2020年07月02日
  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日