暦(カレンダー)

新年おめでとうございます。今年もまた,この話題の中で“創造力の世界”のエクササイズを一緒にして行きたいと思います。今年最初の話題は,生活に密着した暦(カレンダー)から始めることにしましょう。特許の話題からは少々外れますが,新年に免じてご容赦を。

日本語では暦とカレンダーを微妙に使い分けています。「暦」は古代人の知恵として生まれた“時”のスケールで,暦の記録としていたものが後に現在のような「カレンダー」になるのです(図1)。そんな「暦」が生まれるヒントは大自然のリズムの中にありました。夜空の月の満ち欠けに注目した民族は太陰暦を導き,太陽の変化に依存する農耕民族は太陽暦を導いたようです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

連載の新着記事

  • なんとなく楽観的に思えてしまうこと
    なんとなく楽観的に思えてしまうこと 池澤 直樹 2019年04月16日
  • 反射板による反射 ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2019年04月05日
  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~ 山形大学 石﨑 学,栗原正人 2019年04月05日
  • 光学多層膜⑵ 波多腰玄一 2019年04月03日
  • 評価でフィードバックができる人
    評価でフィードバックができる人 池澤 直樹 2019年04月01日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 加速する, 見えないものを見る技術
    加速する, 見えないものを見る技術 井筒雅之 2019年03月28日
  • 折り紙
    折り紙 熟成考房舎 鴫原正義 2019年03月28日