島津斉彬と集成館事業

日本の近代産業の技術的基盤は明治の産業革命期に蓄えられたとも言えるでしょうが,更にそれ以前の江戸時代の才能豊かな人達によって築き上げられてもいたのです。そのような素地を築いたひとりが薩摩藩主の島津斉彬(1809-1858)でした。当時の西洋技術を積極的に導入して“集成館事業”を推進し,国レベルの政策に繋げているのです。

斉彬は1809(文化6)年に薩摩藩の10代藩主島津斉興(1791-1859)の長男として生まれます。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 人力車 熟成考房舎 鴫原正義 2020年08月01日
  • 対数の発明とその世界 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月07日
  • ピアノのアクション構造 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月02日
  • GAFAの知財戦略 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月02日
  • 特許取得ランキング 熟成考房舎 鴫原正義 2020年07月02日
  • 紙コップ 熟成考房舎 鴫原正義 2020年05月26日
  • 宇宙エレベータ 熟成考房舎 鴫原正義 2020年04月27日
  • テレビの黎明期 熟成考房舎 鴫原正義 2020年03月10日