光を操る

今年のノーベル物理学賞は,光ピンセットのアーサー・アシュキン博士と,超短光パルス発生のジェラール・ムル教授+ドナ・ストリックランド准教授の,2課題・3人が受賞しました。どちらの業績も,今ではなくてはならない光技術となっていて,私も,光工学に関係する者の端くれとして,とても喜ばしく思っています。さらに,ストリックランド先生は,55年ぶり,3人目の女性受賞者と云う事でもあり,とても意義深く感じます。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日
  • 新型コロナウイルス後のオプトエレクトロニクス技術 井筒雅之 2020年07月02日
  • 将来のフォトニック材料への期待 井筒雅之 2020年07月02日
  • エネルギー問題と光技術の研究開発 井筒雅之 2020年06月11日
  • 注目を浴びる水中光無線通信技術 井筒雅之 2020年05月25日
  • チャレンジングでクリエーティブな人材を生み出すために必要な事とは 井筒雅之 2020年04月20日
  • 量子レーダーの進歩 井筒雅之 2020年03月09日