光電子融合へ,いざ!

IEEE Spectrum の2018年9月号に「シリコンフォトニクス,ラストメートル問題」との記事があります。この雑誌はIEEEの全会員が読者ですので,光インターコネクト技術についての現状や問題点が門外漢にも分かりやすくまとめられています。ご承知の通り,昨今のデータセンタにはサーバや筐体,ブレードなどの詰まった多数のラックが立ち並んでいて,それらのラックを光ファイバが結んでいます。が,一部の最先端センタを除いては,光リンクはそこまでで,ラックに詰まったそれぞれのサーバは通常は電気ケーブルで結ばれています。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音と光 井筒雅之 2020年02月03日
  • ブレイン・マシン・インターフェースは何をもたらすか 井筒雅之 2019年12月26日
  • 光速は遅すぎる? 井筒雅之 2019年12月20日
  • 基礎研究にも,もっと光を 井筒雅之 2019年12月18日
  • 裾野の広い研究費配分に期待 井筒雅之 2019年09月20日
  • 5Gで変わる光通信 井筒雅之 2019年08月19日
  • 光メタサーフェスの可能性を探る 井筒雅之 2019年07月09日
  • 新世代通信を支えるフォトニクス技術とは?
    新世代通信を支えるフォトニクス技術とは? 井筒雅之 2019年05月17日