衛星と地上をつなぐ!日中米欧で進む自由空間光通信研究

今回は,オプトロ関連の話題に入る前に,Optics&PhotonicsNews,2018年12月号で見つけた,ちょっとショッキングなサーベイについてまずご紹介します。

主要国の研究者が出した論文数(国際共同研究や女性研究者の割合などと共に),国別に,2006年と2016年の数値がイラストになっています。2016年は中国;42.6万件(10年間で2.2倍以上に増加),米国;40.9万件(同じく7%増),EU全体;61.4万件(27%増)など,その中で日本だけが唯一この10年で1割ほど減らしていて,9.7万件。独・英はもちろんインド(11万件)より少なくなってしまっています。

OSAが出版する雑誌に掲載されたサーベイ,中国の躍進が注目点でしょうし我が国の特異性に特には触れられてはいませんが,グラフの色は少し変えてあります。我が国では,ご存じの通り,研究開発力の低下が問題となっています。私達は少なくとも状況や経緯を認識しておく必要があるのではと思いました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音と光 井筒雅之 2020年02月03日
  • ブレイン・マシン・インターフェースは何をもたらすか 井筒雅之 2019年12月26日
  • 光速は遅すぎる? 井筒雅之 2019年12月20日
  • 基礎研究にも,もっと光を 井筒雅之 2019年12月18日
  • 裾野の広い研究費配分に期待 井筒雅之 2019年09月20日
  • 5Gで変わる光通信 井筒雅之 2019年08月19日
  • 光メタサーフェスの可能性を探る 井筒雅之 2019年07月09日
  • 新世代通信を支えるフォトニクス技術とは?
    新世代通信を支えるフォトニクス技術とは? 井筒雅之 2019年05月17日