新世代通信を支えるフォトニクス技術とは?

5G(第5世代移動通信システム)に関連して,このところ,システムには某国の機材を使用させないとか,ヨーロッパでは使用を必ずしも禁止しないとか,様々なメディア上で,かまびすしく話題となっています。

ご承知の通り,5Gでは大容量通信が可能になる,通信に要する遅延時間が短い,さらには同時に多数の端末と通信できる,など,現在のシステムに比べ性能が大きく向上するはずですので,ソサイエティ5.0を深化させる上で大きな役割が期待されています。

仕様の詳細は本年の9月に確定するのだそうですが,にもかかわらず,最近の技術報告などでは,次のステージであるBeyond5G(B5G)とか6Gなどの話題が散見されるようになってきました。随分せっかちな事だとも感じられますが,チェックしてみたところ,Beyond5Gとの文言は,2015年の情報通信白書にも出てきますので,技術者はずっと以前から5Gの次を準備してきたわけです。ICTの指数関数的発展に鑑みれば当然の対応なのかもしれません。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 量子レーダーの進歩 井筒雅之 2020年03月09日
  • 音と光 井筒雅之 2020年02月03日
  • ブレイン・マシン・インターフェースは何をもたらすか 井筒雅之 2019年12月26日
  • 光速は遅すぎる? 井筒雅之 2019年12月20日
  • 基礎研究にも,もっと光を 井筒雅之 2019年12月18日
  • 裾野の広い研究費配分に期待 井筒雅之 2019年09月20日
  • 5Gで変わる光通信 井筒雅之 2019年08月19日
  • 光メタサーフェスの可能性を探る 井筒雅之 2019年07月09日