音と光

音に関連したトピックス,このところオプトロニクス分野の雑誌などでしばしば見かける様な気がします。アコースティックとかフォノンとかのキーワードが含まれた記事やレポートです。

まず,壮大な宇宙に目を向けると(オプトとどの様に関係あるのかはさておいて),バリオン音響振動,というものがあるそうです。宇宙開びゃく(ビッグバン)から数10万年の間はまだ宇宙がとても熱くて,バリオン(陽子や中性子など)は光子と一緒になって振動していたとのこと。それが,宇宙の膨張と共に段々冷えるに従って陽子は電子と結合して中性化し,光子がまっすぐ進める様になった(宇宙の晴れ上がり)のだそうです。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 量子レーダーの進歩 井筒雅之 2020年03月09日
  • ブレイン・マシン・インターフェースは何をもたらすか 井筒雅之 2019年12月26日
  • 光速は遅すぎる? 井筒雅之 2019年12月20日
  • 基礎研究にも,もっと光を 井筒雅之 2019年12月18日
  • 裾野の広い研究費配分に期待 井筒雅之 2019年09月20日
  • 5Gで変わる光通信 井筒雅之 2019年08月19日
  • 光メタサーフェスの可能性を探る 井筒雅之 2019年07月09日
  • 新世代通信を支えるフォトニクス技術とは?
    新世代通信を支えるフォトニクス技術とは? 井筒雅之 2019年05月17日