気象観測にもっと光技術を

8月末辺りから,コロナウイルスの第2波は次第に収まりつつあるように思われます。このまま静かに収束すれば良いのですが,新たに第3波が来るのかどうか,来るとすればいつ頃になるのか,インフルエンザとはどのように関連するのか,とかいろいろ不明なことだらけです。

兎に角,伝染を避けるために互いに離れていたいフィジカルディスタンスと,活発な社会活動を復活させるために出来るだけ近くしたいソシアルディスタンス,相反する二つのディスタンス,バランスは難しく,試行錯誤が続くことでしょう。

にしても,今年は天候までもが例年とはかなり違っている印象です。7月の長雨,8月の猛暑,その後の強烈な台風。ニュースなどでも,これまで経験したことのない,との表現が多用されています。太平洋の表層水温はまだかなり高いそうですし,インド洋のバイポーラ,フィリピン沖のラニーニャとかで,今度の冬は逆に寒めかも知れないとも書いてありました。大気中の炭酸ガス濃度は増え続け,地球の温暖化傾向はもはや紛れもない事実です。が,他方で,太陽活動の低下などから寒冷化が近いとの主張もしばしば耳にします。この1~2年,太陽表面に黒点がほとんど現れないので,400年ほど前に30年間も黒点数ほぼ0の続いたマウンダー極小期(テームズ川が凍るなど,非常に寒かった)の再来かも知れない,とも書かれています。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日
  • 新型コロナウイルス後のオプトエレクトロニクス技術 井筒雅之 2020年07月02日
  • 将来のフォトニック材料への期待 井筒雅之 2020年07月02日
  • エネルギー問題と光技術の研究開発 井筒雅之 2020年06月11日
  • 注目を浴びる水中光無線通信技術 井筒雅之 2020年05月25日