日本の学術の未来を憂う

本稿をご覧になる頃には,米国では大統領選挙も最終局面に入っていることでしょう。ただし,選挙日が過ぎて,開票や郵便投票の結果が出ても,そのまますんなりと決着出来るかどうかの危惧もあるようです。

コロナ禍もあって,世界の社会的,経済的,政治的安定性が損なわれていますので,米国には,出来るだけ早急に次期体制を確定し,落ち着いてアフターコロナ社会の構築に貢献して頂ければと期待しています。

一方,我が国では,このところ学術会議問題がマスコミやネットを賑わしています。会議が提出した新任会員候補の一部が,政府に認められなかった件です。この騒動の一つの切っ掛けとも風説されている,軍事研究は止めておきましょう,との声明については,2020年2月号の本稿でも触れました。

   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
  • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
  • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日
  • 情報通信を支えるオプトエレクトロニクスの役割は重要 井筒雅之 2020年08月02日
  • 活況を呈す,紫外線光源・システム 井筒雅之 2020年07月07日
  • 五感を呼び覚ます技術がアフターコロナでは重要 井筒雅之 2020年07月07日
  • 新型コロナウイルス後のオプトエレクトロニクス技術 井筒雅之 2020年07月02日
  • 将来のフォトニック材料への期待 井筒雅之 2020年07月02日