米国では製品のレーザー安全に対する要求は連邦規制基準(Code of Federal Regulation:CFR)のTitle 21、Part 1010および1040に規定されており、FDAの管轄のもと製造者は適合性確認およびレポート提出義務を負っています。
米国外では製品のレーザー安全に対する要求は国際規格IEC 60825シリーズ(およびそれに基づく国家規格)に規定されています。また、LEDの光安全に対する要求はIEC 62471シリーズに規定されています。

この要求をクリアするために…
ULにお任せください

ULは今年設立125周年を迎えた世界的な第三者安全科学機関です。
設立以来、規格開発機関として、また、安全やEMC 等の試験・認証機関として、世界中の人々の安全な生活や職場環境を推進してきました。レーザーやLEDの光安全の分野においても長年に渡って多様な製品の評価経験を有しており、評価を通して世界をより安全にするために活動しています。


レーザー/LED製品の光放射リスクが最小限に抑えられ、規格に適合していることが重要です


ULは米国FDA(CDRH)のレーザー安全要求事項に対する適合性確認およびレポート作成をお手伝いしています。また、IEC 60825、および、IEC 62471のCB試験所として国際的に信頼された適合性評価サービスを提供しています。国内においてはPSC「携帯用レーザー応用装置」の登録検査機関として適合性検査を提供しています。
製造者の皆様は、世界市場進出に向け、自社製品が関連の安全要求事項を満たしているかを確認し、それを裏付ける客観的な文書を入手できます。 ULのレーザー / LED製品安全評価サービスの利用を是非ご検討下さい。


ULにはメーカーを支援するサービスが整備されています。
またUL検証マーク(Verified Mark)を付与する検証サービスも実施しています。


レーザー/LED製品のUL Verified Markプログラムは、レーザー/LEDの放出レベルを信頼のある試験所で検証し、その結果をお客様のマーケティング活動に活用していただくことを目的とした第三者検証サービスです。このプログラムにより、製造業者は製品のレーザー/LED放出レベルが中立な立場である第三者安全科学機関ULによって公正公平に検証され、安全であることをアピールする事ができ、利用者や小売業者の不安を緩和することができます。UL Verified Markは製品への貼付の他、パッケージやカタログ、オンライン上でご利用いただけます。
製造業者にとってUL Verified Markは製品を一目で差別化できるツールです。


UL Japanへのお問合せフォーム

は必須
会社名 *
部署名
役職*
お名前 * 名
お名前(ローマ字) * 名
国名 *
郵便番号 *
住所 *
TEL *
E-mail *
アンケート
Q1.どのサービスを希望されますか?(複数回答可)
レーザー製品の安全評価 (クラス判定を含む)
LED/ランプの光生物学的安全性評価 (リスクグループ判定を含む)
米国FDA CDRHレーザープロダクトレポート作成支援
国内PSC適合性検査「携帯用レーザー応用装置」
第三者検証マーク (レーザー/LEDのVerified Mark)
その他(自由記入)
Q2:貴社取扱製品(自由記入)
Q3.ご要望
見積
技術打ち合わせ(有料)
営業打合せ(無料)
Q4.同様の試験の経験はございますか?
はい
いいえ
Q5.自社で試験を実施、または、外部試験所に試験を依頼される予定はありますか?
1カ月以内
3カ月以内
6カ月以内
時期未定
Q6:その他ご希望があれば記入ください(自由記入)
Q7.ULからのニュースレターを希望しますか?
はい
いいえ

※ご入力内容はUL Japan様に当社からメール送信いたします。