【世界初】レーザ光源専用の測定方式 分離重心波長方式 搭載

レーザ光源の「正しい測色」を追求した新テクノロジー

Red、Green、およびBlueの合波による「ホワイト」(入射光)を光学デバイスによりR、G、およびBの各波長域に分離し、それぞれの重心波長と光パワー(放射量)を同時に測定する「分離重心波長方式

手戻り無しで工数1/2 & RGB合波入力で工数1/2

ホワイトバランス調整補助機能が最適ルートを指示

機差を最小にする物理量補正機能を搭載

生産効率アップ

広色域ディスプレイに対応した【最大300Hz】変調光機能

ディスプレイの変調周波数に測定タイミングを合わせて安定した測定を行う変調光機能を搭載しています。平均処理が不要になり、検査時間を短縮できます。4K、8K といった広色域ディスプレイや、3Dに対応するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)などのリフレッシュレートの高速化に対応するため、10Hz から300Hzまで設定が可能です。また同期信号測定機能により、実際の動作周波数を確認できます。

設備投資 削減

RGB レーザモジュール評価

RGBの合波を直接入力できるため、RGBレーザモジュールの光学特性を測定器単体で簡単に評価できます。積分球に光パワーメータや分光計など組み合わせた従来の設備が不要になります。
また、レンズやMEMS ミラーの前後を測定することで光学デバイスの評価など幅広くお使いいただけます。

あらゆる測定シーンに対応

最新のHUD(ヘッドアップディスプレイ)のように、表示ユニットごとの
測定に対応できるように3種類のラインナップを用意しています。

①コンバイナなど投影面の測定に:RGB レーザ照度計 TM6102
②スクリーン、バックライトに:RGB レーザ輝度計 TM6103
③発光モジュールの評価に:光パワーメータ TM6104



ホワイトペーパー申込みフォーム

 *は必須です
会社名 *
部署名
役職
氏名 *
氏名(カナ) *
郵便番号 *
住所 *
TEL *
E-mail *
Q1.レーザ光源の測光はしていますか?
している    今後行う予定    予定は無いが情報として
Q2.レーザ光源の測定には何を使用していますか?
光スペクトルアナライザ    分光計    色彩計(三刺激値)    その他
Q3.製品カタログの送付をご希望されますか?
希望する    希望しない
Q4.レーザ光源の測定に課題があれば書いてください。