PR

レーザーとイメージング技術で隠れた障害物を可視化 – 「非視線方向イメージング」

通常のイメージングアプリケーションでは,カメラ(もしくはディテクター)と撮像対象の物体は直線上に配置する必要がある。しかしながら,最先端の研究によって,コーナーの先や障害物の背後にある物体を画像化する「非視線方向イメージ […]

私たちのレーザー加速器は光子のエネルギーに関して飛躍を果たす。この論文では,プラズマの中にどのようにして頑健な加速場を構築するのかについての考え方の骨格を述べる。

全4件中 1〜4件目を表示

非光度パラダイムの高エネルギー加速に向けて

非光度パラダイムの高エネルギー加速に向けて

 本連載は,近年進捗が著しいレーザー航跡場加速に関する包括的なレビューを翻訳したものである。原著者はレーザー加速のコンセプト提案者である田島俊樹氏,先駆的なレーザー航跡場加速実験を行なった中島一久氏,レーザー加速の実現に […]

航跡場加速のスケーリング則

3. 航跡場加速のスケーリング これまでに,レーザー航跡場加速(LWFA)に関する基本的な原理と,より深い研究が蓄積されてきた1〜3)。一方で,その実験的な実現に向けた多くの仕事もなされてきた。ここでは,LWFAの実現に […]

高輝度レーザーパルスを作り出すレーザー圧縮

2. 高輝度レーザーパルスを作り出すレーザー圧縮 1章のイントロダクションで述べたLWFA(レーザー航跡場加速)1)に対する基本要件のひとつは,超高速の高強度レーザーパルス圧縮(fs秒領域)を実現することである。タイミン […]

はじめに:レーザー航跡場加速の基本哲学と歴史的背景

1. はじめに 1.1 レーザー航跡場加速の基本哲学 この論文では,プラズマの中にどのようにして頑健な加速場を構築するのかについての考え方の骨格を述べる。真空(周りを金属か誘電体で覆われた)ではなく,プラズマを加速媒体と […]
1 / 11