SGホールディングス,全国の物流施設を活用し太陽光発電事業を開始

SGホールディングスは,グループ不動産事業を管理・統括するSGリアルティにおいて,グループ保有資産を活用した太陽光発電事業を2013年4月より開始する。

1

東北から九州で所有するSFホールディングスグループの物流施設屋上に太陽光発電パネルを設置し発電する。2013年4月より電力供給を開始し,年内には78ヶ所で最大18.3MWの発電規模となる見込みで,年間発電量は,約4,700世帯分の年間電力消費量に相当する。使用する太陽光パネルは,ソーラーフロンティアから調達する。

詳しくはこちら。

 

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日