JNC,太陽光追尾型発電設備の実証実験を開始

JNCの子会社である千葉ファインケミカルは,米QBotix社の技術を導入した太陽光追尾型の発電設備を,日本で初めて建設し実証実験を開始する。

QBotix社による技術は,太陽光発電パネルの周回に設置されたレールをロボットが巡回し,パネルの架台の角度を,一台一台太陽の動きに合わせて調整していくユニークなもので,従来の一般的な追尾システムと比べて設備が簡便で故障しにくい特長がある。

1

実証実験についての詳細はこちら。

QBotix社の詳細についてはこちら。

 

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日