富士フイルム九州,技術開発部門を新設

富士フイルムは,フラットパネルディスプレイ向け偏光板保護フィルム「フジタック」の主要生産拠点である富士フイルム九州に,新たに技術開発部門を設置し,「フジタック」の生産技術の開発体制を強化する。フジタックの生産効率アップとさらなる品質向上,多品種対応に向けた生産技術開発を行なうとともに,既存ラインへの設備投資を行なう。

液晶テレビは,大画面化の進展とともに画面面積が年率2桁成長しており,今後も成長が見込まれているほか,タブレットPCやスマートフォン向けの中小型液晶パネルの需要が増えており,これに対応するもの。

詳しくはこちら。

 

新着記事

  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 岐阜大,CO2ガスで自己修復するポリマーを開発 2019年04月24日