三菱電機,米ヒューストン・テキサンズのスタジアムにオーロラビジョンを納入

三菱電機は,米国NFL(全米アメリカンフットボールリーグ)ヒューストン・テキサンズのリライアントスタジアムに,北米のスポーツ施設としては最大面積となる,縦16.0m,横84.48m(約1,352㎡)のハイビジョン対応の大型映像装置(オーロラビジョン)を2面納入した。8月17日(現地時間)のプレシーズンホーム開幕戦から運用開始される。

1

今回,スタジアムの両エンドゾーン側(南側と北側)のスタンド上部にそれぞれ1面ずつ設置したオーロラビジョンは,同スタジアムに従来設置されていた大型映像装置に比べて1面あたりの面積が約5.7倍の大きさ。同社がNFLのホームスタジアムにオーロラビジョンを納入したのはこれで7カ所目。

詳しくはこちら。

 

新着記事

  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 岐阜大,CO2ガスで自己修復するポリマーを開発 2019年04月24日