ソニー,光学30倍ズームを搭載したモデルなど 旋回型リモートカメラ2機種を発売

ソニーは,フルHD(1920×1080)かつ60フレーム/秒での映像出力に対応した旋回型リモートカメラ「SRG-300H」「SRG-120DH」を12月2日より発売する。価格は「SRG-300H」が346,500円(税込),「SRG-120DH」が304,500円(税込)。

1

「SRG-300H」は,旋回型カメラとして業界最高クラスの光学30倍の高倍率ズームを搭載した。「SRG-120DH」は,71度の水平画角での撮影が可能であり,主にビデオ会議用のカメラとして提案するモデル。

両機は,フルHDの高画質に加え,1/2.8型Exmor® CMOSイメージセンサを搭載し,60フレーム/秒での映像伝送を実現した。また,逆光時などのコントラストを補正し視認性を大きく向上させるワイドダイナミックレンジ機能「View-DR」を搭載。これにより,明所/暗所/逆光時など設置環境に左右されず,黒つぶれ・白とびを抑制した撮影ができる。

詳しくはこちら。

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日