【OPIE’17】京セミ,InGaAs近赤外カメラを出展


京セミは,InGaAs近赤外カメラを,光技術総合展示会「OPIE’17」の「赤外・紫外応用技術展」に出品する(ブースNo.F-28)。

この装置により,内部透視による非破壊の観察・検査が可能となる。ソーラーパネルやLCDなどの電気・電子部品の非破壊検査,食品や医薬品・化学製品の成分・特性検査や異物検出,各種鑑別,真贋判定や暗視観察などいろいろな用途に使用できるとしている(会社HP)。

その他関連ニュース

  • 理研ら,200nmを解像するX線検出器を開発 2019年03月18日
  • 富士通研,高感度赤外線カメラの小型化に成功 2019年03月01日
  • 東北大,高効率スピン制御の方法を確立 2019年02月15日
  • 名工大,SiCの電気特性をレーザーで非破壊検査 2018年12月19日
  • 理研,中性子でコンクリート内塩分を非破壊測定 2018年10月26日
  • 横国大ら,OCTで焼結中セラミックスの内部構造を観察 2018年09月04日
  • 2018年度非破壊検査装置・機器世界市場は8,693億円に 2018年07月12日
  • パイオニア,テラヘルツで中世絵画を調査 2018年06月05日