【OPIE’17】京セミ,InGaAs近赤外カメラを出展


京セミは,InGaAs近赤外カメラを,光技術総合展示会「OPIE’17」の「赤外・紫外応用技術展」に出品する(ブースNo.F-28)。

この装置により,内部透視による非破壊の観察・検査が可能となる。ソーラーパネルやLCDなどの電気・電子部品の非破壊検査,食品や医薬品・化学製品の成分・特性検査や異物検出,各種鑑別,真贋判定や暗視観察などいろいろな用途に使用できるとしている(会社HP)。

その他関連ニュース

  • 日本レーザー,FRP等の光非破壊検査装置を発売 2017年12月02日
  • 阪大ら,ミューオンビームで隕石を非破壊分析 2017年11月14日
  • ニコン,非破壊検査・非接触計測装置のデモルームを開設 2017年10月24日
  • 島津製作所,コンパクトなFT-IR 2機種を発売 2017年10月05日
  • 浜ホト,小型・低価格の1次元InGaAsイメージセンサを発売 2017年06月28日
  • 赤外カラーカメラのナノルクス,ASUSらから1億3000万円調達 2017年05月30日
  • 東大ら,ミュオグラフィの共同開発を開始 2017年05月19日
  • 光技術展示会「OPIE’17」気になった展示 2017年04月25日