三菱電機,100Gb/s小型集積APD ROSAのサンプル提供開始

三菱電機は,伝送距離40km,伝送速度100Gb/sの高速光ファイバー通信で使用される受信モジュールの新製品として,光トランシーバーの小型・低消費電力化に貢献する「100Gb/s小型集積APD ROSA」のサンプル提供を6月1日に開始する(ニュースリリース)。オープン価格。

チップ構造の最適化により,高速な光・電気変換応答特性を有す高感度APD素子を開発を開発した。これにより,APD ROSA単体で伝送距離40kmを実現し,光トランシーバー内の光増幅器を省略した。データセンター間などの高速光ファイバー通信に求められる長距離伝送に対応する。

光増幅器の省略と光学部品およびその配置の最適化により,小型光トランシーバーの次世代規格であるQSFP28に適合したほか,APDからの電気信号を増幅するTIAの電力を抑えることで,業界トップレベルの低消費電力値0.4W(代表値)を達成した。

その他関連ニュース

  • KDDI研ら,マルチコアファイバーで10.16Pb/s伝送 2017年10月03日
  • NICT,53.3Tb/sのスイッチング実験に成功 2017年10月02日
  • 産総研ら,シリフォトによるネットワークの運用を開始 2017年09月29日
  • 日東電工,POF市場に参入 -慶大との連携も- 2017年09月27日
  • 慶大ら,Tバンドによる4K伝送に成功 2017年09月25日
  • NEC,太平洋横断ケーブル「SEA-US」の建設を完了 2017年09月22日
  • NEDOプロ,最高伝送密度の光送受信器を開発 2017年09月19日
  • NICTら,超小型・高速・多チャネルの光電変換素子を開発 2017年09月14日