NAIST河合教授,光応答分子研究で日本化学会学術賞を受賞

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)光情報分子科学研究室教授の河合壯氏は3月17日,日本化学会学術賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「高反応活性光応答分子材料の開発とその学理に関する研究」。同賞は,化学の基礎または応用のそれぞれの分野において先導的・開拓的な研究業績を挙げた者で,優れた業績をあげた会員を表彰し,その成果を称えることを目的として授与されるもの。本年度は,11名が受賞した。

光応答分子材料は半導体加工,印刷および塗料などの各産業分野や医療技術の基盤科学技術として利用されている。その中で,光反応感度の向上は最重要課題と位置付けられてきた。河合氏は広範な光応答分子材料の中でも光可逆性を有するフォトクロミック分子を中心に研究を進め,その高感度化に関する系統的なアプロ―チを通じて,広範な光応答分子材料の画期的な高感度化への道筋を示すことに成功した。

この知見をもとにレジスト材料などの高感度化を進め,その基盤となる光酸発生剤の高感度化において世界記録を更新するとともに,基底状態構造の制御に関する新概念など学理の深化に貢献した。さらに新しい高次連鎖反応系の構築に取り組み1光子の消費により多数の分子が反応する高感度反応系の構築に成功した。今後,超高感度放射線感光材料など多様な応用分野への貢献が期待されている。

その他関連ニュース

  • 龍谷大,光でシロアリの翅の表面構造を再現 2019年08月07日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日
  • キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞 2019年05月24日
  • 立石科学技術振興財団,2019年度助成金贈呈者を決定 2019年05月14日
  • キャスレー,超高速画像解析ツールが「優秀賞」を受賞 2019年04月10日
  • 第11回レーザー産業賞が決定 2019年04月10日