山形大城戸教授,高被引用論文著者に選出

クラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイター)は,論文の引用動向分析から,世界的に影響力の高い科学者として,Highly Cited Researchers(HCR:高被引用論文著者)を選出し,Material Science(材料科学)分野で山形大学の城戸淳二教授が選ばれた(ニュースリリース)。

今回のHCRは,過去11年(2004年~2014年)のクラリベイト・アナリティクス論文・引用データから,各研究分野においてトップ1%の被引用数を持つ,インパクトの非常に高い論文を一定数以上発表されている研究者が選ばれており,城戸教授は3年連続の選出となった。

山形大学は,高被引用論文数の分析による日本の研究機関ランキング(クラリベイト・アナリティクス,4月13日(日本時間)発表)において,地方国立大学では唯一,材料科学(Material Science)分野で10位にランクインしている。

その他関連ニュース

  • 「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始 2017年10月20日
  • 東大合田教授ら,日本光学会特別賞などを受賞 2017年10月13日
  • 富士フイルム,シネマレンズでエミー賞受賞 2017年10月03日
  • 三菱ケミの植物工場野菜,優秀味覚賞を受賞 2017年10月03日
  • 北大のレ バン コア氏,日本液晶学会論文賞を受賞 2017年10月02日
  • 立教大森本氏,光化学協会奨励賞を受賞 2017年10月02日
  • NAIST岡田氏,日本セラミックス協会の講演奨励賞を受賞 2017年09月27日
  • 「第20回光設計賞」が決定 2017年09月13日