メルク,フルスペクトル蛍光体を発表

独Merck(メルク)は,米国カリフォルニア州で開催された「Phosphor Global Summit 2017」で「isiphor®」のシリーズの新製品である,フルスペクトル(FS)蛍光体を発表した(ニュースリリース)。

この蛍光体は,紫色LEDチップのアプリケーション向けに開発さたもの。非再吸収性でスペクトル設計の自由度が高く,色のばらつきを抑える独自の特徴を備えており,歩留まりを大幅に改善できる。また,高変換効率で省エネにも効果的だとしている。

紫色LEDチップは,太陽光に近い波長により美しい色合いを実現するとともに,LED照明の弱点であった高電流時のエネルギー変換効率の低下を抑えることができる。従来の青色LEDに比べて,より鮮やかで自然な白色や肌色の演出が可能で,時間の経過とともに変化する自然光の色を再現できるよう設計されている。

これによって,昼間,自然光が得られない環境でも人主体の照明を実現し,睡眠と覚醒のサイクルを維持することができる。睡眠を阻害する可能性のある照明光によるメラトニンの分泌抑制を低減する効果も見込まれるという。

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日