メルク,フルスペクトル蛍光体を発表

独Merck(メルク)は,米国カリフォルニア州で開催された「Phosphor Global Summit 2017」で「isiphor®」のシリーズの新製品である,フルスペクトル(FS)蛍光体を発表した(ニュースリリース)。

この蛍光体は,紫色LEDチップのアプリケーション向けに開発さたもの。非再吸収性でスペクトル設計の自由度が高く,色のばらつきを抑える独自の特徴を備えており,歩留まりを大幅に改善できる。また,高変換効率で省エネにも効果的だとしている。

紫色LEDチップは,太陽光に近い波長により美しい色合いを実現するとともに,LED照明の弱点であった高電流時のエネルギー変換効率の低下を抑えることができる。従来の青色LEDに比べて,より鮮やかで自然な白色や肌色の演出が可能で,時間の経過とともに変化する自然光の色を再現できるよう設計されている。

これによって,昼間,自然光が得られない環境でも人主体の照明を実現し,睡眠と覚醒のサイクルを維持することができる。睡眠を阻害する可能性のある照明光によるメラトニンの分泌抑制を低減する効果も見込まれるという。

その他関連ニュース

  • 東工大,有害元素フリーの高効率青色発光体を実現 2018年09月20日
  • フェニックス電機ら,近紫外~近赤外の広帯域LEDを開発 2018年09月12日
  • DOWA,1,300nm帯で出力6.8mWとなるLEDチップを開発 2018年09月03日
  • 【OPTO TAIWAN】和蓮光電科技のマイクロLED 2018年08月30日
  • 【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技
    【OPTO TAIWAN】レーザー用蛍光体大手の台灣彩光科技 2018年08月30日
  • 三菱電機,甲子園の新大型LEDスクリーンを受注 2018年08月27日
  • 2025年LEDパッケージ市場,2017年比8.7%増の2兆774億円 2018年08月21日
  • 京セラ,海中の光を模した「アクアリウムLED照明」を発売 2018年07月31日