旭硝子,導光板用ガラスの大量生産を開始

旭硝子は,2015年に発売したテレビ向け導光板用ガラス「XCV™(エクシーブ)」を改良し,世界最高水準の光透過性能を実現した。併せて,大面積ガラスの効率的生産に適したフロート法による大量生産を本年8月より開始する(ニュースリリース)。

近年,スタイリッシュな部屋にマッチする大画面フレームレス・テレビで「部屋にとけ込む鮮やかな映像を絵画や風景のように楽しみたい」というニーズが増えている。大画面でありながらフレームレス構造を実現する剛性と,高輝度画面にも対応可能な耐熱性を兼ね備えた厚さ1.8mmのガラス導光板「XCV™」を従来の樹脂製導光板に代えて使用することで,テレビはスタイリッシュな部屋に映える存在に生まれ変わる。

同社は液晶パネルメーカー最大手のLG Displayを初めとする顧客へ,この製品を供給するとしている。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,低温で液相から成形できるLED用ガラスを開発 2018年02月09日
  • 東大,水とシリカの相違について物理的な起源を解明 2018年02月07日
  • 日板のプライバシーガラス,トヨタの高級ミニバンに採用 2018年01月31日
  • JDI,透明な静電容量式ガラス指紋センサーを開発 2018年01月25日
  • DNP,車の湾曲ウィンドウ向け軽量樹脂ガラスを開発 2018年01月22日
  • 日板,微細貫通穴ガラス基板を開発 2018年01月16日
  • 東大,割れても自己修復するガラスを開発 2017年12月19日
  • JDI,HMD向け3.6型803ppiディスプレーを開発 2017年12月14日