旭硝子,導光板用ガラスの大量生産を開始

旭硝子は,2015年に発売したテレビ向け導光板用ガラス「XCV™(エクシーブ)」を改良し,世界最高水準の光透過性能を実現した。併せて,大面積ガラスの効率的生産に適したフロート法による大量生産を本年8月より開始する(ニュースリリース)。

近年,スタイリッシュな部屋にマッチする大画面フレームレス・テレビで「部屋にとけ込む鮮やかな映像を絵画や風景のように楽しみたい」というニーズが増えている。大画面でありながらフレームレス構造を実現する剛性と,高輝度画面にも対応可能な耐熱性を兼ね備えた厚さ1.8mmのガラス導光板「XCV™」を従来の樹脂製導光板に代えて使用することで,テレビはスタイリッシュな部屋に映える存在に生まれ変わる。

同社は液晶パネルメーカー最大手のLG Displayを初めとする顧客へ,この製品を供給するとしている。

その他関連ニュース

  • 三井金属,マイクロLEDディスプレー向け蛍光体を開発 2018年06月07日
  • 旭硝子,より鮮やかなガラスサイネージを発売 2018年06月05日
  • LG,88型8K有機ELパネルを開発
    LG,88型8K有機ELパネルを開発 2018年06月04日
  • ソニー,最高解像度の0.5型有機ELディスプレー発売 2018年05月29日
  • SCREEN,ディスプレー製造装置工場を新たに建設 2018年05月23日
  • 2017年度の偏光板世界生産量は前年度比2.6%拡大 2018年05月22日
  • 東大ら,ガラス形成能を支配している物理因子を解明 2018年05月16日
  • 阪大,紙を用いた電子ペーパーを開発 2018年04月18日