日本ライフライン,内視鏡アブレーションシステムの薬事承認を取得

医療機器製造・販売の日本ライフラインは,米CardioFocus, Inc.(カーディオフォーカス社)製の内視鏡アブレーションシステム「HeartLight(ハートライト)」の薬事承認を本年7月28 日に取得したと発表した(ニュースリリース)。販売開始は今年度の第4四半期を予定している。

この製品は,心房細動のアブレーション治療における肺静脈隔離術のための,国内初のレーザーと内視鏡を用いたシステム。レーザー照射を行なうバルーンカテーテル,カテーテルを目的部位へ誘導するスティーラブルシース,焼灼部位を確認するための内視鏡,レーザーやバルーンカテーテルの操作及び内視鏡画像を表示するためのコンソールにより構成されている。

このシステムによる治療では,バルーンカテーテルを肺静脈入口部に密着させ,カテーテルの中心部からレーザーを肺静脈入口部に照射する。内視鏡画像により心腔内を確認しながら,レーザーを正確に照射し円周上に焼灼することにより,有効性の高い肺静脈隔離術を行なうことができる。

また,焼灼部位毎にエネルギー量の調整が可能であることから,肺静脈狭窄や横隔神経麻痺などの合併症のリスクの低減が期待され,肺静脈隔離術の安全性向上への寄与が見込まれるとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパス,先端湾曲3D内視鏡を発売 2017年12月05日
  • 東大,超低消費電力トランジスターを開発 2017年12月04日
  • 阪大ら,イメージセンサー搭載血管内視鏡を開発 2017年12月01日
  • オリンパス,520倍拡大内視鏡など4機種をリリース 2017年10月12日
  • カイロス,8K硬性内視鏡を製品化 2017年09月29日
  • がん研ら,AIによる内視鏡検査システムを開発 2017年07月11日
  • オリンパス,3D硬性ビデオスコープ発売 2017年06月30日
  • 第1回先端メディカル・イメージ・セミナーを開催― 8Kが医療分野に与えるインパクトとは? 2017年06月26日