ドコモ,VRライブイベントをトライアル実施

NTTドコモは,イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」や自由視点映像技術(AR/MR技術)等を活用し,実際のライブ会場から離れた場所でも臨場感が高まる新しいライブの楽しみ方や鑑賞スタイルを提供する「新体感音楽ライブイベント」をトライアル実施する(ニュースリリース)。

このトライアルは,2017年9月5日(火)および9月12日(火)にタワーレコード渋谷店にて実施する。9月5日は,ライブ会場に行かなくてもライブ体験を楽しむことができる2つのトライアルを実施。1つ目は,ヘッドマウントディスプレーを使用することで,自由視点映像技術で収録したアーティストのVR映像を,自分の好きな距離・角度から観ることができる。

2つ目は,3Dホログラムディスプレー「dreamoc™」を使用し,特殊なスクリーンに映像を投影することで,肉眼で3Dのアーティストを自由な角度から観ることができるというもの。

9月12日は,ライブビューイングを実施(入場無料)する。実際のライブ会場とは離れた会場(サテライト会場)で,アーティストの映像・音声を,イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用してリアルタイムに伝送し,さらにホログラフィック映像投影技術を活用することで,サテライト会場のステージにアーティストの疑似3D映像が浮かび上がり,目の前でライブが行われているような新エンタメ体験をすることができるという。

なお,ドコモの映像配信サービス「dTV®」においても,今回のライブ映像のリアルタイム配信に加えて,アーティストを好きな角度から見ることができる360度固定視点映像を「dTV VR」で配信する。

その他関連ニュース

  • エプソン,スマートグラスを応用した消防装備を開発 2018年05月23日
  • 技科大ら,HMDで透明な身体の所有感を提示 2018年05月17日
  • 日立,ホロレンズを用いたMRコンテンツを開発 2018年04月17日
  • VRヘッドセット向けの消費者支出,2017年は24億ドル 2018年04月10日
  • DNPら,郵送可能な簡易VRゴーグルを開発 2018年04月04日
  • 凸版,質感を正確に記録するアーカイブ技術を開発 2018年01月10日
  • JDI,HMD向け3.6型803ppiディスプレーを開発 2017年12月14日
  • 凸版ら,仮想テレポーテーションを公開 2017年11月08日