エプソンのスマートグラス,聴覚障がい者用字幕サービスに採用

エプソン販売は,スマートグラス「MOVERIO」(モベリオ)が,映画館向けの聴覚障がい者用字幕配信サービスに採用されたと発表した(ニュースリリース)。

2017年9月9日(土)から全国4劇場にて,劇場公開作品「三度目の殺人」(東宝株式会社配給)よりMOVERIOが貸出される。この取り組みは,バリアフリー上映のさらなる普及に向けて映画業界全体で進めてきたもの。

今回,エプソン,字幕表示アプリ「UDCast」(ユーディーキャスト)の開発・運営を行なうPalabra(パラブラ),音響通信ソリューション「Another Track®(アナザートラック)」を開発したエヴィクサーの3社が協力した。

MOVERIOは「両眼シースルー,ハンズフリー」が特長で,さらに独自開発のシリコンOLED(機EL)ディスプレーによるスクリーン感(表示枠)を意識させない映像表現が可能。「字幕が空間に浮かんで見える」感覚で作品鑑賞への没入感を高める。

その他関連ニュース

  • DNP,HMDの画質を改善するフィルムを開発 2017年09月12日
  • オスラムの赤外LED,VRヘッドセットの視線検出に採用 2017年08月22日
  • NTTグループら,スマートグラスによる遠隔作業支援を検証 2017年07月05日
  • NECグループら,博多祇園をリアルタイムVR配信 2017年07月05日
  • 光技術展示会「OPIE’17」気になった展示 2017年04月25日
  • NTTビズリンク,スマートグラスのクラウドサービスを開始 2017年04月18日
  • DCAJ,HMDに関する戦略報告書を公開 2017年04月12日
  • 埼玉大,AR調理支援システムを開発 2017年03月14日