ギガフォトン,EUV集光ミラー反射率低下量を更新

ギガフォトンは,現在開発中のEUVスキャナー用レーザー生成プラズマ(LPP)光源について,最先端半導体量産ラインでの稼働を想定したパイロット光源にて集光ミラー反射率低下量-0.4%/Bplsを達成し,ボトルネック解消へ大きく前進したと発表した(ニュースリリース)。

同社は今夏,独自開発技術である磁場を使ったデブリ除去技術において,水素フローの最適化を行ない,実集光ミラーを搭載したパイロット光源での寿命試験を実施し,集光ミラーの反射率低下量,-0.4%/Bplsという値を達成した。この数値はミラー寿命3か月に相当する。

これについて同社は,4月に行なった同試験(反射率低下量-10%/Bpls)に比べ大幅な進展であり,大きな技術ボトルネックが解消されたことでEUV光源が市場導入に大きく近づいたことを示すものだとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,光半導体・X線デバイス工場を建設 2019年06月21日
  • SEMI,2020年半導体前工程への投資額20%増を予測 2019年06月12日
  • 産総研ら,バンドエンジニアリングで半導体を創製 2019年06月12日
  • 東大,IGZOを用いた強誘電体メモリーを開発 2019年06月12日
  • SEMI,Q1/2019半導体製造装置出荷額19%減を発表 2019年06月04日
  • 三井化学,ASMLとEUVパーツでライセンス契約 2019年06月04日
  • 東北大ら,GaNウエハーの高速・高感度検査を確立 2019年05月28日
  • NIMS,GaN内部のMg分布や電気的状態を可視化 2019年05月23日