レーザー総研,平成28年度研究成果報告会(東京会場)開催へ

前回大阪開催の様子

レーザー技術総合研究所(レーザー総研:ILT)は,光とレーザーの科学技術2017の会期初日となる11月14日に科学技術館(東京・北の丸公園)展示ホール6号館において「ILT2017 平成28年度研究成果報告会」を開催する(詳細ページ)。

レーザー総研は2017年に創立30周年を迎えたが,これまで産業界とともに光とレーザーに関する研究開発に取り組んできた。毎年,研究成果を大阪と東京で開催してきたが,2017年の東京開催は,光とレーザーの科学技術専門展と併設して行なう。

当日はまず,レーザー総研所長の井澤靖和氏がこれまで研究所が取り組んできた研究の概要と,平成28年度の研究成果の中で紹介されないテラヘルツ計測と水中ナノ粒子生成などを報告する。

その後,「レーザーアブレーションの基礎とシミュレーション」,「水冷kW級Yb:YAGレーザーの開発」、「パワーレーザー向け光学素子開発とその選び方」,「陸海空でのリモートセンシング技術」,「レーザーを用いたインフラ検査技術」といったレーザー総研のメインとなる5件の研究成果の詳細を解説する。本セミナーを通じ,活発な議論が展開されることが期待されている。

聴講は無料(資料代は3000円。ただし、レーザー総研賛助会員、理事・監事・評議員会社等は無料)。
プログラムの詳細とお申し込みはこちら

その他関連ニュース