フィリップス,デジタル検出器搭載のPET/CT装置を発売

フィリップス・ジャパンは,新型PET/CT装置(核医学診断用ポジトロンCT装置)「Vereos PET/CT」の販売を開始した(ニュースリリース)。

この製品は,同社が開発したデジタルフォトンカウンティング技術によるデジタル半導体(D-SiPM: Digital-Silicon Photomultiplier,デジタルSi-PM)検出器を搭載したフルデジタルPET/CT装置。

従来のPET装置の検出器には,アナログ素材で真空管の一種である光電子増倍管(PMT: Photo-multiplier Tube)が長らく用いられてきた。Vereos PET/CTでは,検出器にデジタル半導体を採用することで光電子増倍管を用いたPET装置に比べ検出精度を大幅に向上させ,アナログ由来のノイズ混入を排除することで,画像の分解能,システム感度と高い定量性を獲得したとする。

さらに検出器内部のブレイクスルーとして,クリスタルと半導体の受光面(素子)を完全に1:1で対応させる1to1カップリング方式を採用することで,従来方式では得られなかったより多くの信号成分を効率よく収集・活用することにも成功した。

PET/CT装置のCT部分には,逐次近似応用画像再構成と金属アーチファクト低減再構成を実装した診断用64/128スライスCT装置を採用し,高速画像再構成が可能な精度の高いリコンストラクションユニットとPET/CTスキャナーを新開発のユーザインターフェースで統合することで,ワークフローの改善と検査効率を追求した。

現在PET/CT装置に求められる3要素である分解能(空間的/時間的),感度,定量性について全て2倍超(従来比)にスペックを改善した。近い将来の応用が待たれる新規PET製剤の基礎・臨床研究においてもインパクトのある貢献が期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 阪大,生きたままで骨の中の細胞を可視化 2018年01月23日
  • OIST,STED顕微鏡で大腸菌の分裂機構を可視化 2017年12月21日
  • 新潟大,細胞の3Dライブイメージング技術を開発 2017年12月21日
  • 島津,高精度な内寸計測が可能な計測用X線CTシステムを発売 2017年12月12日
  • 理研ら,細胞周期を可視化する蛍光プローブを開発 2017年10月30日
  • 島津,アーチファクトを低減するCT用ソフトを発売 2017年10月27日
  • 産総研ら,界面での原子の動きをリアルタイム観察
    産総研ら,界面での原子の動きをリアルタイム観察 2017年10月26日
  • 東大合田教授ら,日本光学会特別賞などを受賞 2017年10月13日