ビート・クラフトと農工大,最小のレンズレス顕微鏡を開発

組込みソフトウェア・ハードウェア開発のビート・クラフトは,デジタルホログラフィーと画像再構成技術をもとに,レンズ,ミラー,ビームスプリッターなどの光学部品を使用しない顕微鏡である世界最小(4×4×9cm)のLFI(Lens-Free Imager)を東京農工大学と共同で開発した(ニュースリリース)。

LFIは,サンプルに照射したレーザー光による干渉波から,計算処理により対象の画像を再構成するため,レンズを必要としない。光学顕微鏡と違い構造はシンプルで,焦点を合わせる必要がないため,高速に広範囲の撮影が可能。また,位相差顕微鏡と同様に,細胞など無色透明なサンプルも非侵襲で観察ができる。

その他関連ニュース

  • 生理研ら,甘味伝達する神経細胞を発見 2019年05月10日
  • 東大,透明化で腎臓内部の3次元構造を可視化 2019年04月11日
  • 日本レーザー,新型3D測定顕微鏡を発売 2019年04月09日
  • 東大,シナプス表面を光学的にナノスケールで解析 2019年03月25日
  • OIST,細胞の経時変化を定量化するツールを開発 2019年03月22日
  • オリンパスと慈恵医大,顕微授精のAI研究を開始 2019年03月08日
  • 産総研,氷の再結晶化を止める条件を顕微鏡で発見 2019年02月14日
  • 筑波大,iPS細胞の品質管理に適した顕微鏡を開発 2019年02月13日