ビート・クラフトと農工大,最小のレンズレス顕微鏡を開発

組込みソフトウェア・ハードウェア開発のビート・クラフトは,デジタルホログラフィーと画像再構成技術をもとに,レンズ,ミラー,ビームスプリッターなどの光学部品を使用しない顕微鏡である世界最小(4×4×9cm)のLFI(Lens-Free Imager)を東京農工大学と共同で開発した(ニュースリリース)。

LFIは,サンプルに照射したレーザー光による干渉波から,計算処理により対象の画像を再構成するため,レンズを必要としない。光学顕微鏡と違い構造はシンプルで,焦点を合わせる必要がないため,高速に広範囲の撮影が可能。また,位相差顕微鏡と同様に,細胞など無色透明なサンプルも非侵襲で観察ができる。

その他関連ニュース

  • 産総研ら,AIで不要な細胞をレーザー除去 2018年12月10日
  • 阪大ら,AIでがん細胞の種類の判別に成功 2018年12月10日
  • 分子研ら,光学顕微鏡で金ナノ粒子の位置決定精度を向上 2018年11月29日
  • 山口大ら,先端バイオ研究向け高校理科教材を開発 2018年11月15日
  • 東北大ら,体内細胞を観察できる電気顕微鏡を開発 2018年11月02日
  • 神大ら,光遺伝学の計測と刺激を一体化した顕微鏡を開発 2018年10月31日
  • ニコン,生物顕微鏡用対物レンズ2種を発売 2018年10月30日
  • 学習院,繊毛を光ピンセットで捕捉に成功 2018年10月24日