「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始

在日ドイツ商工会議所は,第10回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」の公募を開始した(ニュースリリース)。応募締切は2018年1月9日となっている。

同賞は,日本を研究開発の拠点として活動しているドイツのグローバル企業9社によるプロジェクトで,日本の若手研究者支援と科学技術振興,そして日独の産学連携ネットワーク構築を目的としている。

応募資格は日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の研究者で,対象分野は,材料,デジタル化とモビリティ,エネルギー,ライフサイエンスの4分野。各分野につき1件,計4件を表彰し,それぞれ賞金250万円(総額1,000万円)を授与する。

共催企業の専門家による一次審査,および学術界の専門家による二次審査を経て,最終審査で上位数名よるプレゼンテーションと面接が行なわれ,受賞者が決定される。

同賞は,日本に縁の深いドイツ人科学者ゴットフリード・ワグネルにちなんで名付けられた。共催企業は,BASFジャパン,バイエル ホールディング,ボッシュ,コンチネンタル・ジャパン,ダイムラー,エボニック ジャパン,メルク,シェフラージャパン,シーメンスグループ。

新着記事

  • 【訃報】宮崎大学名誉教授の黒澤宏氏死去 2019年04月22日
  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日