「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」公募開始

在日ドイツ商工会議所は,第10回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞 2018」の公募を開始した(ニュースリリース)。応募締切は2018年1月9日となっている。

同賞は,日本を研究開発の拠点として活動しているドイツのグローバル企業9社によるプロジェクトで,日本の若手研究者支援と科学技術振興,そして日独の産学連携ネットワーク構築を目的としている。

応募資格は日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の研究者で,対象分野は,材料,デジタル化とモビリティ,エネルギー,ライフサイエンスの4分野。各分野につき1件,計4件を表彰し,それぞれ賞金250万円(総額1,000万円)を授与する。

共催企業の専門家による一次審査,および学術界の専門家による二次審査を経て,最終審査で上位数名よるプレゼンテーションと面接が行なわれ,受賞者が決定される。

同賞は,日本に縁の深いドイツ人科学者ゴットフリード・ワグネルにちなんで名付けられた。共催企業は,BASFジャパン,バイエル ホールディング,ボッシュ,コンチネンタル・ジャパン,ダイムラー,エボニック ジャパン,メルク,シェフラージャパン,シーメンスグループ。

その他関連ニュース

  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日
  • キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞 2019年05月24日
  • 立石科学技術振興財団,2019年度助成金贈呈者を決定 2019年05月14日
  • キャスレー,超高速画像解析ツールが「優秀賞」を受賞 2019年04月10日
  • 第11回レーザー産業賞が決定 2019年04月10日
  • ゴールド・メダル賞,光関連研究で3人が受賞
    ゴールド・メダル賞,光関連研究で3人が受賞 2019年03月20日