東大ら,ガラスの特異な振動特性を解明

東京大学と東北大学は,ガラスと通常の固体では振動特性が本質的に異なることを発見した(ニュースリリース)。

固体を叩くと音が出る。これは,固体に固有な分子振動のパターンが音波であるため。音波は空間的に広がった波であり,デバイ則と呼ばれる法則に従う。

しかしガラスには,このデバイ則では説明できない振動パターンがあることが古くから示唆されてきたが,それがどのようなもので,どのような法則に従うかは分かっていなかった。

研究は,分子レベルのコンピュータシミュレーションによって,ガラスに音波に加えて,音波とは全く異なる,空間的に局在化した振動があることを発見した。さらに,この局在振動は,デバイ則とは異なる全く新しい法則に従うことが明らかにした。この結果は,ガラスが通常の固体とは本質的に異なることを決定的に示すもの。

この成果は,長年論争となっていた,ガラスの振動特性の問題に終止符を打つもの。さらには,ガラスの熱的・力学的性質の基礎理解に大きなブレークスルーをもたらし,新しいガラス材料を開発する技術へと繋がるものと期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 旭硝子,より鮮やかなガラスサイネージを発売 2018年06月05日
  • 東大ら,ガラス形成能を支配している物理因子を解明 2018年05月16日
  • ショット,薄板ガラスへの精密加工技術を開発 2018年03月28日
  • 東大,ガラス形成物質のダイナミクスを解明 2018年03月19日
  • 日板,ライン上で厚さ0.7㎜ガラスに透明導電膜を付与 2018年03月12日
  • 日本電気硝子,深紫外域の透過率を高めたガラスを発売 2018年03月06日
  • 産総研ら,低温で液相から成形できるLED用ガラスを開発 2018年02月09日
  • 東大,水とシリカの相違について物理的な起源を解明 2018年02月07日