理科大,世界最軽量級衛星用カメラを搭載へ

東京理科大学の研究グループは,民生用デバイスを活用することで従来の衛星搭載計算機の10分の1のコストを実現する搭載計算機と世界最軽量級の衛星用超小型カメラを開発し,ASTROSCALE PTE. LTD.(アストロスケール社)開発の,微小デブリ観測衛星「IDEA OSG 1」に搭載,11月28日にロシアボストーチヌイ宇宙基地から打ち上げられる。

研究グループではスペースデブリの除去技術,特に画像によるデブリへの接近誘導技術について研究を進め,そのキー技術となる搭載計算機と小型カメラの開発を進め,その成果が「IDEAOSG 1」の実現に大きく貢献した。また,研究グループの木村教授は,軌道上デブリの除去を実現するために,アストロスケール社の技術顧問として,同社の衛星開発に協力してきた。

開発したカメラと衛星搭載計算機は,民生用デバイスを活用して,非常に低コストで高度な自律制御を実現した。衛星搭載計算機は10 分の1以下のコストで,演算能力として360MIPS,1.4GFLOPSと従来の小型用衛星搭載計算機の3〜30倍の演算能力を実現した。

カメラシステムについては複数のカメラヘッドをもち,デブリの衝突によって発生する,デブリセンサーの衝突痕や衛星周囲の状況の監視を実現する。特に衛星外の状況監視を行なうカメラヘッドは,総質量5g以下という世界最軽量級を実現した。

今回の「IDEA OSG 1」が成功することにより,微小デブリについての貴重な情報が得られると共に,スペースデブリ除去に関連する活動が大きく発展することが期待される。

また,小型衛星は国内外において近年急速にその利用が広まっており,今回搭載機器の実証に成功することによって,小型衛星の能力を飛躍的に高め,その利用の可能性を広げる上で非常に大きな影響を与える事も期待される。なお,民間の人工衛星の頭脳として,大学が開発した計算機が搭載されるのは国内初。

その他関連ニュース

  • 原研,状況により適切なレーザー溶断・破砕が可能な技術を開発 2018年06月18日
  • 京産大,近赤領域での地球大気吸収を精密補正 2018年05月28日
  • 大産大ら,遠方銀河までの距離と酸素の存在を確認 2018年05月18日
  • 東大ら,重力レンズで最遠方の単独の星を観測 2018年04月04日
  • リンクス,ソニー製センサーを搭載した8モデルを発売 2018年03月13日
  • 国立天文台,HSCビューワを公開 2018年03月12日
  • 千葉工大ら,原始地球大気におけるヘイズの生成過程を解明 2018年03月07日
  • 国立天文台ら,原始銀河団の特徴を統計的に明らかに 2018年03月05日