東芝,テレビ事業を譲渡

東芝は11月14日,同社の連結子会社である東芝映像ソリューション(TVS)の発行済株式の95%を,中国ハイセンスグループに譲渡することを決定し(5%は継続保持),ハイセンスの中核事業会社である青島海信電器股份有限公司との間で,株式譲渡契約を締結しましたと発表した(ニュースリリース)。譲渡額は129億円。

経営再建中である同社は,社会インフラ,エネルギー,電子デバイス,デジタルソリューションを中期的に注力事業領域として定め,集中的に経営資源を投入していくこととしているが,その中で,映像事業については,同社単独での更なる経営資源の投入及び競争力強化施策の実行は困難な状況だった。

今回の譲渡において同社は,TVSが製造・販売する家庭用テレビ等の映像関連機器における同社ブランドの使用権を継続して許諾するとしている。

その他関連ニュース

  • パイオニア,上場を廃止し海外ファンド傘下へ 2018年12月12日
  • シーシーエス,仏LED照明メーカーを子会社化 2018年10月25日
  • オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受 2018年09月04日
  • TOWA,オムロンレーザーフロントの社名を変更 2018年08月23日
  • 三菱電機,レーザー加工機仕分けシステムメーカーを買収 2018年08月06日
  • IHS,2018年FPD市場と中国動向について報告 2018年07月25日
  • オムロン,レーザー子会社を売却 2018年07月06日
  • コーニング,3Mの通信市場部門を買収
    コーニング,3Mの通信市場部門を買収 2018年06月19日