京大ら,琵琶湖の植生の衛星モニタリング手法を開発

京都大学と滋賀県琵琶湖環境科学研究センターは,船の航行や水の利用に大きな影響を与える沈水植物(水底に根を張る水草)のLANDSAT-8衛星リモートセンシングを用いたモニタリング手法を開発した(ニュースリリース)。

湖における富栄養化の指標として,植物プランクトン濃度が長い間最重要とされており,その監視技術は海洋と淡水域について確立されてきた。

しかし近年,沈水植物の被害が深刻化してきた琵琶湖では,沈水植物の大量繁茂による船舶航行障害,景観悪化,漁業・取水障害,生態系への悪影響等が問題になっており,その分布域と量の推定技術開発が求められていたが,植物プランクトンと沈水植物の反射スペクトルの分離は困難だった。

研究グループは,JAXAの気候変動観測衛星「しきさい」により2013年から2016年にかけて撮影した琵琶湖南湖の画像から,湖面の明度を手掛かりに沈水植物の分布を解析するアルゴリズムを開発した。その結果,実際に潜水調査した結果とほぼ変わらない精度で沈水植物を見つけ出すことに成功した。

今回開発した技術では,空間解像度30mの衛星画像からでも沈水植物の定量化とその分類が条件によって可能であることが証明された。研究グループでは,この人工衛星による監視技術を琵琶湖南湖の管理に役立てると共に,2017年12月23日打ち上げ予定の気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)を用いたJAXAとの共同研究を通じて,世界の湖における淡水管理に役立てたいとしている。

その他関連ニュース

  • 京産大,近赤領域での地球大気吸収を精密補正 2018年05月28日
  • 大産大ら,遠方銀河までの距離と酸素の存在を確認 2018年05月18日
  • 東大ら,重力レンズで最遠方の単独の星を観測 2018年04月04日
  • 国立天文台,HSCビューワを公開 2018年03月12日
  • 千葉工大ら,原始地球大気におけるヘイズの生成過程を解明 2018年03月07日
  • 国立天文台ら,原始銀河団の特徴を統計的に明らかに 2018年03月05日
  • はやぶさ2,目標の小惑星の撮影に成功 2018年03月02日
  • 国立天文台ら,最大の広さと解像度のダークマター地図を作製 2018年02月28日