富士通研,世界最高の放熱性能を持つCNTシートを開発

富士通研究所は,高熱伝導性と耐熱性を両立する垂直配向カーボンナノチューブ(CNT)から構成された,世界最高の放熱性能を持つ高熱伝導CNTシートの開発に成功した(ニュースリリース)。

電気自動車の急速な発展に伴い,高電圧下で電力を制御する車載パワーモジュールには低消費電力・高耐圧が求められており,低消費電力・高耐圧の特徴をもつシリコンカーバイド(炭化ケイ素,SiC)がシリコン(Si)に置き換わり利用されつつあるが,200℃以上の高温領域でも安定動作させるため,SiC素子の熱を効率良く排熱する必要がある。

今回,同社は,高い熱伝導性をもつ素材として知られる円筒状構造のCNTの製造プロセスにおいて,熱伝導性が高い円筒の軸と排熱方向を合わせるため,製造条件である温度と圧力の組み合わせを最適に制御することで,CNTを,垂直方向に高密度かつ均一に成長させる,CNT成長制御技術を開発した。

また,SiCを用いたパワーモジュールの排熱に利用するために,配向成長したCNTを2000℃以上の高温で加熱処理することでシート状に成形し,可搬を容易とするCNT化技術の開発に成功した。

この技術により作製した放熱シートは,既存のインジウムを原料とする放熱材料と比べて約3倍の放熱性能があり,CNT放熱シートとして世界最高の放熱性能を確認したという。

同社では,CNT放熱シートの熱伝導性をさらに高め,実用化に向けた開発を進め2020年度以降での車載向け放熱シートの製品化を目指すとともに,次世代HPCや次世代通信機器への適用など,新たな分野への展開も検討するとしている。

その他関連ニュース

  • 名大,加熱したCNTの特異な熱放射物性を解明 2018年08月08日
  • 東工大ら,指に装着できるテラヘルツ検査チップを開発 2018年06月29日
  • 産総研ら,酸化CNTによる高輝度近赤外蛍光プローブを開発 2018年04月20日
  • 岡山大ら,CNTを有機色素で染めた光触媒を開発 2018年03月23日
  • 首都大,配向大面積CNT薄膜に特異な光吸収特性を発見 2018年03月19日
  • 産総研,CNTを用いた電磁波遮蔽コーキング材を開発 2018年02月09日
  • NECら,単層CNTの高純度/高効率製造技術を確立 2018年02月08日
  • 生理研,CNTで電顕による神経回路観察法を高効率化 2018年02月07日