パイオニア,LiDARのNVIDIAプラットフォーム対応を協議

パイオニアは,NVIDIA Corporationと,同社の自動運転向けAI車載コンピューターのオープンプラットフォーム「NVIDIA DRIVE™ PX」への同社「3D-LiDAR」対応に向けて協業すると発表した(ニュースリリース)。

「3D-LiDAR」は,遠方の物体までの高精度な距離の測定や,物体の大きさを検出できるセンサーで,物体形状の把握も可能なため,自動運転に不可欠なキーデバイスと言われている。

同社は,2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型,軽量,低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており,今年 9月より,国内外の自動車メーカーやICT関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始している。

「NVIDIA DRIVE PX」は,NVIDIAの最先端GPUによるディープランニングを活用し,周辺360度の状況認識を行なって車両の位置を正確に判断し,安全で快適に走行できるルートを算出する。同社の「3D-LiDAR」が,この自動運転向け車載コンピューターに対応することで,AIを活用して自律走行に伴う複雑なデータを処理することが可能となるとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱電機,電子ミラー向け物体認識技術を開発 2018年01月22日
  • オンセミ,ADAS向けイメージセンサーシリーズを発表 2018年01月15日
  • オンセミ,デプスマッピング機能付きCMOSセンサーを発売 2018年01月11日
  • ソニー,CESで「車の眼」の進化を紹介 2018年01月10日
  • オンセミ,バイドゥの自動運転プロジェクトに参加 2018年01月10日
  • システムズエンジ,LiDARターゲット用/ドローン広域測定用/大型標準反射板を発売中 2018年01月01日
  • トプコン,点群データの処理サービスを開始 2017年12月28日
  • TriLumina,CESでVCSELによるLiDARモジュールを展示 2017年12月20日