パイオニア,LiDARのNVIDIAプラットフォーム対応を協議

パイオニアは,NVIDIA Corporationと,同社の自動運転向けAI車載コンピューターのオープンプラットフォーム「NVIDIA DRIVE™ PX」への同社「3D-LiDAR」対応に向けて協業すると発表した(ニュースリリース)。

「3D-LiDAR」は,遠方の物体までの高精度な距離の測定や,物体の大きさを検出できるセンサーで,物体形状の把握も可能なため,自動運転に不可欠なキーデバイスと言われている。

同社は,2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型,軽量,低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており,今年 9月より,国内外の自動車メーカーやICT関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始している。

「NVIDIA DRIVE PX」は,NVIDIAの最先端GPUによるディープランニングを活用し,周辺360度の状況認識を行なって車両の位置を正確に判断し,安全で快適に走行できるルートを算出する。同社の「3D-LiDAR」が,この自動運転向け車載コンピューターに対応することで,AIを活用して自律走行に伴う複雑なデータを処理することが可能となるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,シート状原子を積層するロボットを開発 2018年04月18日
  • キヤノンメディカルとNVIDIA,ディープラーニングで提携 2018年04月17日
  • 富士通研,少数データでディープラーニングが可能なAIを開発 2018年04月16日
  • ADAS用車載デバイス市場,2017年に1兆円の大台を突破 2018年04月10日
  • パイオニアのLiDAR,NVIDIAのSDKに対応 2018年04月04日
  • 富士通グループ,光ネットワーク管理パラメーターをAIで推定 2018年03月12日
  • 阪大,非侵襲で単一細胞レベル観測が可能な顕微鏡技術を開発 2018年03月08日
  • 東芝,自動運転向け長距離LiDAR回路技術を開発 2018年03月05日