玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功

玉川大学の研究グループは,米Nokia Bell Labsと共同で光ファイバー通信実験を実施し,同大が開発した量子エニグマ暗号トランシーバー「TU Cipher-0」とNokia社の256Gbit/s通信トランシーバを用いた波長分割多重伝送に成功した(ニュースリリース)。

この成果は,2017年12月25日に米国光学会Optical Society of America (OSA)の論文誌Optics Expressに掲載される。(論文タイトル「Y-00 quantum stream cipher overlay in a coherent 256-Gbit/s polarization multiplexed 16-QAM WDM system」)

新着記事

  • 福岡大,スピン波を電気のみで観測 2019年04月25日
  • Basler,新たな照明ソリューションを発表 2019年04月25日
  • 明電舎,スラム誘導形無人搬送車を初納入 2019年04月25日
  • 東北大ら,三角格子反強磁性体の新量子相を発見 2019年04月25日
  • 【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集
    【OPIE’19】巨大望遠鏡向け光学技術が結集 2019年04月24日
  • 東大,三次元ナノ構造体の新設計法を発見 2019年04月24日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 岐阜大,CO2ガスで自己修復するポリマーを開発 2019年04月24日