玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功

玉川大学の研究グループは,米Nokia Bell Labsと共同で光ファイバー通信実験を実施し,同大が開発した量子エニグマ暗号トランシーバー「TU Cipher-0」とNokia社の256Gbit/s通信トランシーバを用いた波長分割多重伝送に成功した(ニュースリリース)。

この成果は,2017年12月25日に米国光学会Optical Society of America (OSA)の論文誌Optics Expressに掲載される。(論文タイトル「Y-00 quantum stream cipher overlay in a coherent 256-Gbit/s polarization multiplexed 16-QAM WDM system」)

その他関連ニュース

  • NICT,量子コンピューターに強く汎用的な暗号方式を開発 2018年01月11日
  • 富士通,ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積 2018年01月10日
  • 京大,100万ch以上多重化可能な5G方式を提案 2018年01月09日
  • 東北大,ナノ光ファイバーでの偏光のカイラリティを解明 2017年12月21日
  • NTT-AT,ODCコネクタ対応クリーナーを発売 2017年12月20日
  • NII,231Gb/sで10TBを安定的に転送 2017年12月15日
  • 住友電工,EPON製品の相互接続認定を取得 2017年11月08日
  • 阪大,スタジアムで光ファイバー無線による5G通信を実施 2017年11月08日