玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功

玉川大学の研究グループは,米Nokia Bell Labsと共同で光ファイバー通信実験を実施し,同大が開発した量子エニグマ暗号トランシーバー「TU Cipher-0」とNokia社の256Gbit/s通信トランシーバを用いた波長分割多重伝送に成功した(ニュースリリース)。

この成果は,2017年12月25日に米国光学会Optical Society of America (OSA)の論文誌Optics Expressに掲載される。(論文タイトル「Y-00 quantum stream cipher overlay in a coherent 256-Gbit/s polarization multiplexed 16-QAM WDM system」)

その他関連ニュース

  • NEC,インドで海底ケーブルを敷設 2018年07月12日
  • NEC,太平洋横断光海底ケーブルの供給契約を締結 2018年07月09日
  • コーニング,3Mの通信市場部門を買収
    コーニング,3Mの通信市場部門を買収 2018年06月19日
  • NTTら,テラヘルツ周波数帯無線向け超高速ICを開発 2018年06月12日
  • 阪大ら,冷却原子量子メモリの光ファイバー通信に成功 2018年05月28日
  • 住友電工,低損失大口径ファイバ―ケーブルを納入開始 2018年05月23日
  • 東芝,500km以上の量子暗号通信に成功 2018年05月23日
  • 九大ら,ポリマー光変調器で最高速データ伝送に成功 2018年05月15日