玉川大ら,量子暗号トランシーバーの波長分割多重伝送に成功

玉川大学の研究グループは,米Nokia Bell Labsと共同で光ファイバー通信実験を実施し,同大が開発した量子エニグマ暗号トランシーバー「TU Cipher-0」とNokia社の256Gbit/s通信トランシーバを用いた波長分割多重伝送に成功した(ニュースリリース)。

この成果は,2017年12月25日に米国光学会Optical Society of America (OSA)の論文誌Optics Expressに掲載される。(論文タイトル「Y-00 quantum stream cipher overlay in a coherent 256-Gbit/s polarization multiplexed 16-QAM WDM system」)

その他関連ニュース

  • NICTら,標準外径ファイバで159Tb/s・1045km伝送 2018年04月05日
  • NEC,大容量光海底ケーブル「JGA」の建設を開始 2018年04月04日
  • NTT-AT,放送・映像向け光コネクタ清掃用クリーナを発売 2018年04月04日
  • 横国大ら,量子ネットワーク用高輝度通信波長量子光源を開発 2018年03月22日
  • 慶大ら,量子ドット技術で新規通信波長帯(Tバンド)を開拓
    慶大ら,量子ドット技術で新規通信波長帯(Tバンド)を開拓 2018年03月19日
  • NEC,アジア11拠点を結ぶ10,500kmの光海底ケーブルを受注 2018年03月15日
  • 九大,空間モードを高速変調できるレーザーを開発
    九大,空間モードを高速変調できるレーザーを開発 2018年03月13日
  • 三菱電機,FTTH装置で市村産業賞を受賞 2018年03月13日