ディスコ,8インチ対応KABRA技術レーザソーを発売

ディスコは,レーザー加工によるインゴットスライス手法・KABRA(カブラ)プロセス用Φ8インチ対応レーザソー「DAL7440」を開発した(ニュースリリース)。

近年,シリコンに代わるパワーデバイスの材料として,SiCが注目されている。同社はレーザ加工によるSiCインゴットスライス手法・KABRAプロセスを開発し,SEMICON Japan 2016にてΦ6インチ対応のKABRAプロセス用レーザソー「DAL7420」を公開したが,既にΦ8インチのサンプルウェーハが出荷されるなど,大径化に向けた開発が進んでいる。

このような背景やウェーハメーカーからの強い要望を受けmΦ8インチインゴットのKABRAプロセスに対応したレーザソー「DAL7440」を開発した。なお,この製品はアメリカ地域でのテスト加工に柔軟に対応すべく,同社アメリカ・ノースカロライナオフィスへ2018年3月に設置する予定。

新製品の主な特長は以下の通り。
●Φ8インチインゴット対応
→今後のインゴット大径化に対応
●うねりの少ないウェーハスライスが可能
●最大対応インゴット厚さ: 40mm
●アライメントフリー
●オートアライメントによるオリフラ検知機能
●インゴット厚み測定機能
●ウェーハ印字機能
→加工したウェーハの全数管理トラッキングが可能
●装置サイズ:750×1350×1800 mm

その他関連ニュース

  • SEMI,2017年の半導体製造装置販売額が過去最高を更新と発表 2017年12月12日
  • ディスコ,高スループットレーザーソーを開発 2017年12月06日
  • SEMI,Q3/2017の半導体製造装置出荷額は前年同期比30%増と発表 2017年12月05日
  • Q2/2017の半導体製造装置市場,141億ドルに 2017年09月12日
  • SEMI,2017年の半導体製造装置市場は過去最高を予測 2017年07月12日
  • SEMI,Q1/2017の半導体製造装置出荷額は131億ドルと発表 2017年06月06日
  • SEMI,2016年の半導体製造装置市場は412億4,000万ドルと発表 2017年03月14日
  • SEMI,2016年の世界半導体製造装置市場は380億ドルと予測 2016年12月13日