パナと東京精密,プラズマダイシング向けレーザーパターニング装置発売

パナソニック スマートファクトリーソリューションズ株式会社(PSFS)と東京精密は,共同開発したプラズマダイシング工法向けレーザーパターニング装置「AL300P」の受注を開始した(ニュースリリース)。

「AL300P」は,シリコンウエハからダメージレスでチップを切り出すことが可能な「プラズマダイシング工法」向けに開発された,PSFS製プラズマダイシング装置「APX300」専用のレーザーパターニング装置。プラズマダイシングの前工程でレジストなどのマスク層が貼り付けられたシリコンウエハを,UVレーザー加工により,ダイシング位置に所定の幅で高精度にパターニングする。

主な特長として,・最小15μm幅でのレーザパターニングが可能(デバイス構造による)・プラズマダイシングに最適なレーザビーム形状 がある。

PSFSでは,大阪府門真市にあるプラズマダイシング実証センターに「AL300P」を導入,PSFS製プラズマダイサー「APX300」(DMオプション)と一気通貫で実証できる体制を構築した。

その他関連ニュース

  • eBeam,マスク市場の伸長とEUV実現に楽観的 2018年09月18日
  • SEMI,2019年はファブ装置投資額の記録更新と発表 2018年09月18日
  • SEMI,Q2/2018の半導体製造装置出荷額は167億ドルと発表 2018年09月11日
  • カンタムデザイン,板隙ゼロ溶接が可能なレーザーヘッドを開発 2018年08月21日
  • 東大,フェムト秒レーザーのガラス加工速度を5000倍に 2018年08月07日
  • レーザー加工技術特許注目企業,1位は浜松ホトニクス 2018年07月30日
  • SEMI,2018年年央の半導体製造装置市場予測を発表 2018年07月10日
  • 原研,状況により適切なレーザー溶断・破砕が可能な技術を開発 2018年06月18日