半導体フォトマスク市場,2019年には40億ドルに

SEMIは4月9日(米国時間),2017年の半導体フォトマスクの世界市場が前年比13%増の37億5,000万ドルとなり,2019年には40億ドルに達することが予測されると発表した(ニュースリリース)。

フォトマスク市場は,2018年には5%,2019年には4%の成長がそれぞれ見込まれる。フォトマスク市場をけん引しているのは,45nm未満の微細プロセスであり,地域的には半導体の製造が拡大するアジア太平洋地域。台湾が7年連続で最大市場となり,今回の予測の範囲においても最大市場となることが予測されるとしている。また韓国が2位に順位を上げた。

37億5,000万ドルのフォトマスク販売額は,ウエハプロセス材料市場の13%を占め,シリコンウエハとガスに次ぐ大きさとなる。過去との比較では,2003年のウエハプロセス材料市場に占めるフォトマスクの比率は18%だった。

内製マスクショップの重要性はさらに高まり,2011年から2012年にかけての集中的な設備投資によって,内製マスクショップは外販マスクサプライヤに対して市場シェアの拡大を続けている。全フォトマスク市場における内製マスクショップのシェアは,2016年の63%から2017年には65%に拡大した。2003年のフォトマスク市場に占める内製マスクショップの比率は31%だったとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体製造装置市場,過去最高の700億ドルに 2020年07月27日
  • DNP,5nmプロセス向けフォトマスク技術を開発 2020年07月13日
  • NAISTら,半導体に最適なグラフェンリボンを実現 2020年06月25日
  • キヤノン,解像力1.0μmの露光装置を発売 2020年06月24日
  • 阪大ら,最高性能の半導体スピン伝導素子を実証 2020年06月22日
  • 東北大ら,長寿命スピンの結晶方向を発見 2020年06月17日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は過去最高に 2020年06月10日
  • 青学,高性能p型酸化物半導体薄膜の合成法確立 2020年05月25日