オンセミ,低照度高SN比および近赤高感度センサを発売

オン・セミコンダクターは,4.2 μm裏面照射(BSI)ピクセルを特長とする,業界初の1/1.7インチ,2.1メガピクセル CMOSイメージセンサ「AR0221」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は,センサ解像度1936H×1096Vの,非常に優れた3露光線インターリーブHDR(High Dynamic Range,ハイダイナミックレンジ)を提供する。1080pで30fpsのフレームレートと,可視光および近赤外の波長にわたって優れた信号雑音比(SN比)をサポート。鮮やかな色とハイコントラストの16:9の画像は,産業用途に適している。

低照度での極めて優れた感度とSN比性能に加え,同社ではウィンドウイング,黒レベル自動補正,オンボード温度センサーなどの機能を加えることで,新世代のセキュリティと監視カメラを実現するイメージセンサを製造している。

このセンサは,4レーンのMIPI CSI-2とHiSPi SLVSの形式で,デュアルデータ・インタフェースを提供する。インダストリアル・グレードの仕様を満たすように設計されており,動作温度が−30°Cから+85°Cの範囲で,厳しい屋外環境で動作可能。

カバーグラスに反射防止コーティングを施した,耐久性,信頼性,堅牢性に優れたiBGAパッケージに封止しており,シンプルな二線式のシリアルインタフェースを通して,プログラムで制御できる。

また同社は,NIR+(近赤外線+)テクノロジを特長とする,初のCMOSイメージセンサも発表した(ニュースリリース)。この技術は,ハイエンドのセキュリティおよび監視用カメラ向けに,ハイダイナミックレンジ(HDR)と強化版の低照度性能を組み合わせている。

「AR0522」は,2.2μmの裏面照射(BSI)ピクセルテクノロジ・プラットフォームを基盤とする,1/2.5インチの5.1メガピクセル(MP)イメージセンサ。低光量条件での高解像度,高品質のビデオキャプチャを必要とする産業用途向けに開発された。同社従来品と比べ,近赤外線波長に対して約2倍の感度を実現している。

「AR0431」は,2.0μmのBSIピクセルテクノロジ・プラットフォームを基盤とする,1/3.2インチの4MPイメージセンサ。多用途の低電力モードと最大120fpsのフレームレートをにより,スローモーションが必要とされる用途に適している。動作時の電力が低いため,バッテリ駆動のセキュリティカメラ,ウェアラブル・スポーツ用カメラ,車載DVR,一般の監視カメラに適している。

両製品は,可視スペクトルの色の忠実性を損なうことなく,近赤外線領域のセンサ量子効率(QE)を高めた。この技術により,赤外LED数を減らし,低電圧で動作しつつも,低照度かつ近赤外の条件でも明るくシャープな画像を可能にするとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,経営戦略とイメージセンサー新製品を発表 2018年12月12日
  • オンセミ,ディスプレー検査向け50MP CCDを発表 2018年10月31日
  • ソニー,複数接続可能なCMOSセンサーを発売 2018年10月23日
  • 【CEATEC2018】エイブリック,紫外線イメージセンサーを開発 2018年10月19日
  • 【CEATEC2018】パナ,メカレス式LiDARの試作機を公開 2018年10月18日
  • キヤノン,グローバルシャッターCMOSを発売 2018年10月01日
  • キヤノン,超低照度下でも動画撮影可能なCMOSセンサーを発売 2018年08月02日
  • ソニー,スマホ向け4800万画素CMOSを発売 2018年07月23日