名大,量子もつれの起源となる原理を新たに解明

名古屋大学は,量子もつれの起源となる原理を新たに解明した(ニュースリリース)。

量子もつれの存在は二十世紀前半から知られており,アインシュタインは「奇妙な遠隔作用」と表現した。粒子間の影響の強さには上限があるが,その値は物理の基本原理である光速の不変性だけでは説明できず,多くの謎が残されている。

研究では,量子コンピューターの情報単位となる量子ビットのもつれに注目し,量子ビットが,実質上,区別できないことを原理として導入することで影響の上限を説明できることを示した。すなわち,この研究で導入した量子ビットが区別できないという原理(情報不可弁別性)は,光速の不変性に並ぶ新たな原理だとしている。

この研究は,我々の微視的な世界の理解を深めると同時に,広く使われている量子論の制限とその向こうに何があるかという問いに臨むもの。この成果は微視的な情報の相関の由来に対する解釈を与え,将来の量子技術の進歩に影響を与える可能性がある。

また,基礎理論として他の複雑な理論(例えば,トポロジカル系の真空もつれなど)の理解にも利用できる可能性があるとしている。

その他関連ニュース

  • NECと産総研,量子研究室を産総研内に設立 2018年11月21日
  • 理科大,高性能量子もつれ発生光源を開発 2018年10月25日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 東大ら,酸化物半導体で量子計算に使える電子状態を実現 2018年09月18日
  • 電通大ら,量子操作の原理的限界を与えるトレードオフ関係を導出 2018年09月14日
  • 東大ら,量子スピン軌道液体を実現する物質を提案 2018年08月30日
  • 横国大,ダイヤ中でエラー耐性量子演算処理に成功 2018年08月20日
  • 東北大ら,トポロジカル量子コンピューター基盤物質を発見 2018年08月01日