キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売

キヤノンは,高精細化するFPD(フラット・パネル・ディスプレイ)の検査を行なうパネルメーカーや,検査用カメラを設計・製造するメーカーのニーズに応え,出荷検査基準をより高めたモノクロ対応の1.2億画素CMOSセンサー「120MXSM」を2018年7月下旬より発売する(ニュースリリース)。センサーの撮像画面サイズは約29.2×20.2mm。

このセンサーは,フルHD(1920×1080画素)の約60倍にあたる解像度を実現している。また,多数の画素から信号を高速で読み出す並列信号処理技術により,最高速度11.3Gbpsで1秒間に最高約9.4コマのスピードで出力できる高速読み出しが可能。画像のトリミングや電子ズームを行なっても,高精細で鮮明な画像を得ることができるだけでなく,高精細画像の連続撮影や,動体撮影にも対応する。

同社は,2010年に1.2億画素CMOSセンサーの開発に成功して以来,顧客ニーズに応じた改良を行ない,これまで複数の検査用カメラメーカーなどに採用されている。今回,さらなる顧客ニーズに対応するため,より高い基準の高精細パネル検査に適用できる品質基準を満たすセンサーを抽出する出荷検査アルゴリズムを開発した。

このアルゴリズムを導入し,センサーの出荷時の検査基準をこれまでより引き上げたことで,センサーの画素の点欠陥や画素に隣接した傷,非常に狭い範囲の画素群を覆うような傷など,多様な欠陥をさらに高い水準で見つけ出すことが可能となった。これにより,今後は,大型有機ELパネルや8Kパネルなど,次世代の超高精細パネル検査での活用が見込まれるとする。

また,1.2億画素CMOSセンサーのラインアップには,カラー対応の「120MXSC」も備えており,検査用途以外にも,超高解像度センサーの強みを生かし,映像制作やデジタルアーカイブ,特殊監視などの用途でも活用することが可能だとしている

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日