キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売

キヤノンは,高精細化するFPD(フラット・パネル・ディスプレイ)の検査を行なうパネルメーカーや,検査用カメラを設計・製造するメーカーのニーズに応え,出荷検査基準をより高めたモノクロ対応の1.2億画素CMOSセンサー「120MXSM」を2018年7月下旬より発売する(ニュースリリース)。センサーの撮像画面サイズは約29.2×20.2mm。

このセンサーは,フルHD(1920×1080画素)の約60倍にあたる解像度を実現している。また,多数の画素から信号を高速で読み出す並列信号処理技術により,最高速度11.3Gbpsで1秒間に最高約9.4コマのスピードで出力できる高速読み出しが可能。画像のトリミングや電子ズームを行なっても,高精細で鮮明な画像を得ることができるだけでなく,高精細画像の連続撮影や,動体撮影にも対応する。

同社は,2010年に1.2億画素CMOSセンサーの開発に成功して以来,顧客ニーズに応じた改良を行ない,これまで複数の検査用カメラメーカーなどに採用されている。今回,さらなる顧客ニーズに対応するため,より高い基準の高精細パネル検査に適用できる品質基準を満たすセンサーを抽出する出荷検査アルゴリズムを開発した。

このアルゴリズムを導入し,センサーの出荷時の検査基準をこれまでより引き上げたことで,センサーの画素の点欠陥や画素に隣接した傷,非常に狭い範囲の画素群を覆うような傷など,多様な欠陥をさらに高い水準で見つけ出すことが可能となった。これにより,今後は,大型有機ELパネルや8Kパネルなど,次世代の超高精細パネル検査での活用が見込まれるとする。

また,1.2億画素CMOSセンサーのラインアップには,カラー対応の「120MXSC」も備えており,検査用途以外にも,超高解像度センサーの強みを生かし,映像制作やデジタルアーカイブ,特殊監視などの用途でも活用することが可能だとしている

その他関連ニュース

  • ソニー,イメージセンサーで大河内記念生産賞を受賞 2019年02月12日
  • プロリンクス,産業用カメラ及び周辺製品をラインナップ 2019年02月01日
  • 神大ら,蛍光で早期がんの超高感度検出に成功 2019年01月28日
  • 東大ら,強誘電ドメイン壁の構造をカメラで可視化 2019年01月25日
  • Basler,一部製品にビネッティング補正を搭載 2019年01月24日
  • 国立天文台ら,軟X線用の高速度カメラで太陽コロナを観測 2019年01月16日
  • ソニー,フリッカーを抑制した車載向け高精細CMOSを発売 2018年12月19日
  • Basler,dart MIPI対応BCON搭載モデル開発キットを発売 2018年11月19日