ギガフォトン,製品ラインナップの刷新プランを発表

ギガフォトンは,IoTの普及や3DNANDの爆発的拡大による半導体需要の急激な増加に対応するため,製品ラインナップの刷新プランを発表した(ニュースリリース)。

近年半導体の用途は,自動車を始め金融,医療,農業など拡大の一途をたどっており,半導体メーカーのコストダウンや歩留まり向上へのニーズが,これまで以上に高まってきた。

この状況へのソリューションとして,同社は,KrFから液浸ArFまですべての波長域で,2017年から出荷を開始した,スペクトルの制御性の大幅向上を図った新型液浸ArFレーザー「GT65A」のスペクトル向上のパッケージ運用を開始する。

また,3D化が進み需要が拡大しているNANDメモリー向けに,さらなる高性能化,高耐久化を図った新型KrFレーザーを2019年初頭に,新型ArFレーザを2019年中に発売する。また,従来機種についても,ほぼ同等の性能向上が可能となる「アップデートパッケージ」の発売を計画しているという。

その他関連ニュース

  • NEC,半導体チップの耐放射線性を宇宙で実験 2019年01月22日
  • フォトテクニカ,Grace Laser製ピコ秒レーザーの取扱いを開始 2019年01月21日
  • 量研ら,レーザーで高品質の陽子線を発生 2019年01月10日
  • 産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立 2018年12月28日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • 三菱電機,赤色高出力半導体レーザーを発売 2018年12月19日
  • NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定
    NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定 2018年12月19日
  • 電子情報産業の世界生産額,過去最高を更新 2018年12月19日