フジクラ,新型単心光ファイバ融着接続機を発売

フジクラは,新型単心光ファイバ融着接続機「41S」の発売を2018年9月より開始する(ニュースリリース)。

この製品は光ファイバを載せるV型の溝が可動し,光ファイバの外径の位置合わせを行ない接続する,外径調心タイプの光ファイバ融着接続機。光ファイバカッタとの無線通信機能を搭載しており,光ファイバカッタで切断した光ファイバをセットした際に,光ファイバ端面の切断形状が切断刃の摩耗によって悪化したと判断した場合,無線通信機能を用いて光ファイバカッタの切断刃を摩耗していない位置へと自動変更する。この新機能により,切断刃の摩耗による接続品質不良を,接続作業者は意識することなく回避できるという。

なお,切断刃の残り寿命は画面に表示されるため,切断刃の交換時期を推察することも可能。さらに,融着接続後の接続損失推定においては,溶融接続中のコアの熱発光を画像処理で測定することにより,外径調心タイプの同社従来機よりも,接続損失の推定精度が向上しているという。

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日