フジクラ,新型単心光ファイバ融着接続機を発売

フジクラは,新型単心光ファイバ融着接続機「41S」の発売を2018年9月より開始する(ニュースリリース)。

この製品は光ファイバを載せるV型の溝が可動し,光ファイバの外径の位置合わせを行ない接続する,外径調心タイプの光ファイバ融着接続機。光ファイバカッタとの無線通信機能を搭載しており,光ファイバカッタで切断した光ファイバをセットした際に,光ファイバ端面の切断形状が切断刃の摩耗によって悪化したと判断した場合,無線通信機能を用いて光ファイバカッタの切断刃を摩耗していない位置へと自動変更する。この新機能により,切断刃の摩耗による接続品質不良を,接続作業者は意識することなく回避できるという。

なお,切断刃の残り寿命は画面に表示されるため,切断刃の交換時期を推察することも可能。さらに,融着接続後の接続損失推定においては,溶融接続中のコアの熱発光を画像処理で測定することにより,外径調心タイプの同社従来機よりも,接続損失の推定精度が向上しているという。

その他関連ニュース

  • 東大ら,超高均一で透明なゲルを創出 2019年12月10日
  • ショット,使い捨て内視鏡用照明を開発 2019年12月04日
  • 東大ら,超放射レーザーの実現に重要な知見 2019年11月20日
  • NICT,1Pb/sの光パススイッチングに成功 2019年10月09日
  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • 阪大,安価な原料から重水素を選択的に製造 2019年09月27日
  • NEDOら,シリフォトで16多重小型光回路を開発 2019年09月24日
  • 府大ら,光ファイバーで高温設備監視実現へ 2019年09月19日